公益学研究科 公益学専攻 修士課程(平成30年度秋学期入学)

【一般選抜】
以下のいずれかの要件を満たす者
(1)  大学を卒業した者、および2018年9月卒業見込みの者
(2)  学位授与機構において、学士の学位を授与された者、および2018年9月までに授与される見込みの者
(3)  外国において、学校教育における16年の課程を修了した者、および2018年9月末までに修了見込みの者
(4)  文部科学大臣の指定した者(大学又は短期大学に2年以上在学し、62単位以上修得した者で、教育職員免許法による小学校、中学校、高等学校、幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は1種免許状を有する者等)
(5)  大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、本大学院が、所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めた者
(6)  本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、2018年9月末までに22歳に達する者(短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校を卒業した者や外国大学日本分校等を修了した者など大学卒業資格を有していない者で、本大学院において審査の結果、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、かつ2018年9月までに22歳に達する者)
(7)  その他本大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
[注意事項](5)、(6)、(7)により出願を希望する方は、出願受付開始日の1ヶ月前までに本学大学院事務室へ申し出てください。

 

【社会人選抜 社会人選抜試験】
一般選抜出願資格要件を満たす者で、次のいずれかの要件に該当する者
(1)  2018年9月末日までに、企業(個人営業、営農者を含む)、団体、官公庁、学校などで、1年以上の職業経験を有する者
(2)  2018年9月末日までに、上記(1)以外で何らかの社会的実践活動経験または実務経験を1年以上有する者

 

【社会人選抜 社会人特別選抜試験A】
社会人選抜試験出願資格要件を満たす者で、次の要件に該当する者
企業、団体、官公庁、学校などに在籍する者で、当該組織の長から推薦の上、派遣される者(出願者本人による推薦は不可)

 

【社会人選抜 社会人特別選抜試験B】
社会人選抜試験出願資格要件を満たす者で、次のいずれかの要件に該当する者
(1)  公益法人、NPO法人などの非営利組織における活動実績がある者で、当該組織の長が推薦する者
(2)  組織の長またはそれに準ずる役員等の職務経験を1年以上有する者

 

アジアビジネス特別選抜試験】
以下のいずれかの要件を満たす者で、アジアビジネス人材養成講座の受講を目的とする者(※)。
(1)  大学を卒業した者、および2018年9月卒業見込みの者
(2)  学位授与機構において、学士の学位を授与された者、および2018 年9月までに授与される見込みの者
(3)  外国において、学校教育における16 年の課程を修了した者、および2018 年9月までに修了見込みの者
(4)  文部科学大臣の指定した者(大学又は短期大学に2 年以上在学し、62 単位以上取得した者で、教育職員免許法による小学校、中学校、高等学校、幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は1 種免許状を有する者等)
(5)  大学に3 年以上在学し、又は外国において学校教育における15 年の課程を修了し、本大学院が、所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めた者
(6)  本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、2018年9月末までに22歳に達する者(短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校を卒業した者や外国大学日本分校等を修了した者など大学卒業資格を有していない者で、本大学院において審査の結果、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、かつ2018年9月末までに22 歳に達する者)
(7)  その他大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
※「アジアビジネス人材養成講座修了証」の発行要件となる5 科目以上を履修する必要があります。また、演習の指導については、アジアビジネス人材養成講座の担当教員を選択し、修了する必要があります。
[注意事項] (5)(6)(7)により出願を希望する方は、出願受付開始日の1 ヶ月前までに本学大学院事務室へ申し出てください。

 

【アジアビジネス特別選抜試験(外国人留学生枠)】
以下のいずれかの要件を満たす者で、アジアビジネス人材養成講座の受講を目的とする外国籍
の者(※)。
(1)  大学を卒業した者、および2018 年9月卒業見込みの者
(2)  学位授与機構において、学士の学位を授与された者、および2018 年9 月までに授与される見込みの者
(3)  外国において、学校教育における16 年の課程を修了した者、および2018 年9月までに修了見込みの者
(4)  文部科学大臣の指定した者(大学又は短期大学に2 年以上在学し、62 単位以上取得した者で、教育職員免許法による小学校、中学校、高等学校、幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は1 種免許状
を有する者等)
(5)  大学に3 年以上在学し、又は外国において学校教育における15 年の課程を修了し、本大学院が、所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めた者
(6)  本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、2018年9月末までに22歳に達する者(短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校を卒業
した者や外国大学日本分校等を修了した者など大学卒業資格を有していない者で、本大学院において審査の結果、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、かつ2019年9 月末までに22 歳に達する者)
(7)  その他大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
※「アジアビジネス人材養成講座修了証」の発行要件を満たし修了証を取得する必要があります。また、演習の指導教員については、アジアビジネス人材養成講座の担当教員を選択する必要があります。

 

公益学研究科 公益学研究専攻 博士後期課程(平成31年度春学期入学)

【一般選抜】
以下のいずれかの要件を満たす者
(1)  修士の学位又は専門職学位を有する者及び2019年3月末までに修士の学位又は専門職学位を取得見込みの者
(2)  学位授与機構において、修士の学位を授与された者及び2019年3月末までに授与される見込みの者
(3)  外国の大学の大学院において、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び2019年3月末までに授与される見込みの者
(4)  外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び2019年3月末までに授与される見込みの者
(5)  文部科学大臣の指定した者(平成元年文部省告示第118号参照)
① 大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本大学院において、当該研究の成果等により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
② 外国において学校教育における16年の課程を修了した後、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本大学院において、当該研究の成果等により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
(6)  本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、2019年3月末日までに24歳に達した者
(7)  その他本大学院において、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認める者
[注意事項](5)、(6)、(7)より出願を希望する方は、出願受付開始日の1ヶ月前までに本学大学院事務室へ申し出てください。

 

【社会人選抜 社会人選抜試験】
一般選抜出願資格要件を満たす者で、次のいずれかの要件に該当する者
(1)  2019年3月末日までに、企業(個人営業、営農者を含む)、団体、官公庁、学校などで、1年以上の職業経験を有する者
(2)  2019年3月末日までに、上記(1)以外で何らかの社会的実践活動経験または実務経験を1年以上有する者

 

【社会人選抜 社会人特別選抜試験A】
社会人選抜試験出願資格要件を満たす者で、次の要件に該当する者
企業、団体、官公庁、学校などに在籍する者で、当該組織の長から推薦の上、派遣される者(出願者本人による推薦は不可)

 

【社会人選抜 社会人特別選抜試験B】
社会人選抜試験出願資格要件を満たす者で、次のいずれかの要件に該当する者
(1)  公益法人、NPO法人などの非営利組織における活動実績がある者で、当該組織の長が推薦する者
(2)  組織の長またはそれに準ずる役員等の職務経験を1年以上有する者

ページの一番上へ