東北公益文科大学大学院では、2018(平成30)年度の履修証明プログラム受講生を募集いたします。

■履修証明制度とは
2007(平成19)年の学校教育法の改正により創設された制度です。社会人等を対象に、一定の教育計画の下に編成した総時間数120時間以上の体系的な学習プログラム(履修証明プログラム)を提供するもので、修了者には学校教育法に基づく「履修証明書」が交付されます。本学では職業上必要な知識の取得や学習の機会を提供し、キャリアアップ等に活用できるよう、以下のプログラムを開設します。

■プログラム名
IT戦略発案人材育成プログラム

■履修者の位置づけ
本プログラムの履修者は、東北公益文科大学大学院の科目等履修生となり、正規の単位取得を目的として6つの科目を履修している大学院生と位置づけられます。

■プログラムの概要

 ①開設趣旨

人工知能が人間の職業事情を大きく変えると言われるようになる前から、情報技術は経営戦略・情報戦略を担うものとして組織の行方を大きく左右する位置付けであり続けています。

本プログラムでは、情報システムの数理的背景を理解し、組織の持つ知財や技術を効果的に活用し、目標達成のために適切な戦略を提案するために必要な学びを提供します。

②プログラム内容

科目名称 開講日時/担当教員名 内容
情報科学研究1(計算理論) 春学期 月曜日6時限

萩原 茂樹 准教授

計算機システムの基盤となる情報数理を修得します。
情報科学研究2(情報システム) 秋学期 月曜日6時限

萩原 茂樹 准教授

計算機を組み合わせたシステムとしての構成と働きを体系的に学びます。
情報科学研究4(人間工学)

秋学期 火曜日6時限

神田 直弥 教授

作業を快適に効率よく、ミスと事故のないように環境を設計する意義を学びます。
情報科学研究5

(MOT概論-技術経営戦略/

イノベーション/知財) ※)

春学期 木曜日

6・7時限(期日指定)

山本 直美 講師

技術・知財と市場をつなげ経営品質向上をはかる技術経営の基礎を学びます。
情報科学研究6

(プロジェクトマネージメント) ※

秋学期 木曜日

6・7時限(期日指定)

山本 直美 講師

プロジェクトの成功を目指して行う各種管理手法を学びます。
情報科学研究10

(公益ソフトウェア論)

秋学期 月曜日6時限

広瀬 雄二 准教授

情報技術が持つ公益的な側面に光を当て、誰にでも等しく情報を伝えることの重要性をオープンソースソフトウェアから学びます。

※がついている2科目の開講日時は以下のとおりです。

科目名 開講日時
情報科学研究5

(MOT概論-技術経営戦略/

イノベーション/知財)

4月12日(木) 6時限

4月26日(木) 6時限・7時限

5月10日(木) 6時限・7時限

5月31日(木) 6時限・7時限

6月7日(木)  6時限・7時限

6月28日(木) 6時限・7時限

7月5日(木)  6時限・7時限

7月26日(木) 6時限・7時限

情報科学研究6

(プロジェクトマネージメント)

10月4日(木)  6時限・7時限

10月25日(木) 6時限・7時限

11月1日(木)  6時限・7時限

11月29日(木) 6時限・7時限

12月6日(木)  6時限・7時限

12月20日(木) 6時限

1月10日(木)  6時限・7時限

1月31日(木)  6時限・7時限

■科目等履修後に本学大学院修士課程へ正科生として入学する場合
科目等履修生として単位を取得した後に本学大学院修士課程へ正科生として入学した場合、科目等履修生として取得した単位を、修了に必要な単位として認定します(最大10単位)。

また、申請により、科目等履修生として「可」以上の成績評価を受けた授業科目の支払い済の科目履修料(本プログラム受講料)が、上記の大学院入学後、支払う授業料から減免されます(上限額あり)。

■単位の認定
単位の認定は、正科生と同様の方法(試験、レポート、研究報告等各科目指定の方法)で行います。

■受講にかかる費用
入学金20,000円
科目等履修料(プログラム受講料) 126,000円

■出願について
1. 募集定員
5名
2.出願期間
2018(平成30)3月12日(月)までに、必要書類を郵送又は持参にて大学院事務室窓口に提出してください。

履修証明プログラム一覧、募集要項、出願書類等詳細については、下記リンクよりご確認ください。
⇒ 2018(平成30)年度 履修証明プログラム概要(PDF・84KB)
⇒ 2018(平成30)年度 履修証明プログラム受講生 募集要項(PDF・114KB)
⇒ 2018(平成30)年度 履修証明プログラム受講願書(PDF・65KB)

ページの一番上へ